It's never too young to change the world

「社会を変えたい」に若過ぎるなんてことはない!

 

隣国との関係が悪い。世代を超える貧困。社会の中での生きにくさ。

そうした社会環境は、年長者によって作られ、より若い世代は、既に作られているシステムから経済的・文化的・社会的な影響を受けます。

 

だからこそ、歴史を見れば、若者が社会変革の担い手として行動をしてきました。

より若い世代に今あるリーダーシップスキルや知識を伝えることで

社会を変える、その動きは加速するんじゃないか・・・

Wake Up Japanでは、社会の不条理を解決したいと願うより若い世代(主に中高生世代を想定)を対象に、リーダーシップ開発プログラムを行います。

諸条件を満たしている中高生世代を対象にオンライン/オフラインでの活動サポートを行います。

サポートを通じて、「スキル」「知識」「機会・つながり」について、現在Wake Up Japanで培っているものを伝えていきます。

 

その一方で、中高生世代の多くが、教育機関で学んでいることを鑑みて、学業を優先できるよう時間的な拘束は穏やかに設定し、また、クリティカル・シンキング(自ら考えて、鵜呑みにしないあり方)をベースに、スキルや知識の提供を行います。

スキル

世界各地には、その土地で育まれた社会変革の手法があります。1970年代のブラジル民主化運動で育まれた自己効力感が低い人々を演劇を通じて鼓舞する手法、アメリカ社会運動史における人を動かす場合の共通点、そして、裁判を行わずに黄ガイへの取り組みを行った北九州市の秘訣。その他様々なスキルについて、中高生に分かち合うことで、社会を変えるムーブメントが底上げされ、問題解決が加速します。

 

(Photo by Yoichi SUZUKI)


知識

社会問題の知識を得ることで、どのような行動をすればよいのかが見えてきます。

個々の社会問題に対する知識のほか、社会構造を権利やパワーという視点で捉えなおす力、「価値観」と「感情」を巡る私たちの意識と関係、行動を阻害するものについての理解など多岐にわたります。

また、知識の提供を行う前にクリティカル・シンキングに関してのトレーニングを行い、Wake Up Japanからの情報自体も自ら咀嚼して考えられるように促し、自ら考え、行動する土壌を育みます。

 

(Photo by Yoichi SUZUKI)


活動機会とつながり

既に活動をしている人々とのつながりを得ることで社会変革のインパクトは大きくなります。国内外の社会問題に取り組むパートナー団体で活動できる機会について情報提供を行っています。実際にどのような取り組みが行われているのかを体験することで、知識やスキルは高まります。

また、大学生や若者、社会活動家の方々との協働(共に活動する機会)は、その後の活動にも大きな資産となるでしょう。

(Photo by Yoichi SUZUKI)


【プログラム詳細】

社会を変えたい中高生世代向けプログラム YouthCan

 

<<諸条件>>

  • 社会の不条理の解決したいという意思があること
  • 応募者は18歳までであること
  • Wake Up Japanの理念に賛同し、プログラム参加後にWake Up Japanのメンバーとなれること(年会費や入会費はかかりません)
  • 社会問題の解決だけでなく、日常の生活も大切にできること

<<その他>>

  • 参加費や登録費は必要ありません。
  • 活動の相談や情報配信はオンライン(メール・SNS・オンライン通話)にて行われます。その際の通信料については自己負担となります。
  • 活動するかどうか、どの程度活動するかは、応募者が決定します。

 

【応募方法】

本プログラムについてご応募については、以下のURLにアクセスし、専用フォームよりお申し込みください。

https://goo.gl/forms/F6Chzj2WLhcdLImb2

社会を変えたい。動き出している若者。

社会の不条理を解決したいと願い、世界各地で若者世代が動き出しています。その一部をご紹介します。

School Strike 4 Climate

(Photo by Andrya Hart)

2018年、オーストラリアでは、高校生が中心となって、気候変動に対する政府や企業のアクションを求めるためのストライキが行われました。

#NoDAPL

(Photo by Peg Hunter)

アメリカで建設途中のノースダコタパイプラインは環境負荷が高く、気候変動への影響さらには、先住民の土地を巡る問題があります。世界各地から若者が反対運動を展開しています。

CHANGE

(Photo by Yoichi SUZUKI)

日本で行われている社会変革を求める若者を対象にしたリーダーシップ開発プログラム。2011年以来200名以上が参加し、国内外の社会問題に対して行動する若者を輩出している。


愛知高校生フェスティバル

(Photo by kyu3)

「教育に公平を」をキャッチコピーに、愛知県の私立高校と公立高校の格差に対する高校生自身の当事者運動であり、私学助成を求めている。

Do Good Feel Good

(Photo byYoichi SUZUKI)

ニュージーランド、南オークランドで行われている、非行防止と環境整備を目指した南太平洋諸島の若者主導によるコミュニティ運動。

Men For Gender Justice

(Photo by Yoichi SUZUKI)

インドでは、性暴力に反対する若い男性による意識啓発運動が行われています。男性たちが性暴力に対する意識を高めるためにコミュニティに働きかけを行います。


情報提供者

鈴木 洋一 / Wake Up Japan 代表理事

学生時代に模擬国連の日本代表を務める。G8サミットに向けた若者政策提言なども行う。大学卒業後、マレーシアにて、高校生や大学生向け環境啓発を行う。帰国後、国際NGOオックスファムにて勤務し、英国ロックバンド、コールドプレイなどとのコラボ企画や青少年の社会変革リーダーシップ育成、ムーブメントづくりにかかわる。

社会正義、社会変革、差別意識や人種間対立、敵対的感覚の解消、安心の場づくり、自己肯定感、市民参加、フェアトレード、気候変動、子ども・若者の社会参加が専門

NPO法人 開発教育協会 評議員、NPO法人フリー・ザ・チルドレン・ジャパン アドバイザーなどを務める。


長川 美里 / Wake Up Japan 理事

東京大学公共政策大学院CAMPUS Asia、及び北京大学国際関係大学院修了。ソウル国立大学院留学(修士)。キャリアは私企業でのITコンサルタント、NPO法人での国際会議企画・運営業務を経て、現在は人材開発コンサルタントと、異色の経歴を持つ。学部時代から日中韓関係に興味を抱き、二ヵ国で自ら慰安婦の女性を訪問する。2013年度には、2010年度に日本代表団団長を務めた日本・中国・韓国連協会主催の第4回日中韓ユース・フォーラムの事務総長を務め、その成果文書は三国協力事務局などのウェブサイトにも掲載された。韓国国内ユネスコ委員会、日本再建イニシアティブなどでのインターン経験あり。東アジアの和解や、次世代教育、夢をもつ大切さを伝える活動に焦点をあてながらWake Up Japanの理事、及び世界経済フォーラムより認識されているグローバルな若者コミュニティ、Global Shapersの横浜支部メンバーとして活動。


ソーヤ海 / Tokyo Urban Permaculture創作者

1983年生まれ。東京出身、新潟、ハワイ、大阪育ち。カリフォルニア州立大学サンタクルーズ校(UCSC)でサステナビリティー運動と有機農業に深く関わった。また、2人の共同議長の一人だった「Education for Sustainable Living Program 持続可能な生活教育プログラム」において「学生中心の教育」や「環境平和活動」を授業やワークショップで、教えてきた。同プログラムで、非暴力コミュニケーション(NVC)と出会い、プレッシャーの高い職場でNVCの有効性を実感。NVCと出会ってから9年間、職場、家庭など、場所を選ばずNVCを日々実践してより満たされた生活を送っている。今年から一年間のNVCリーダーシッププログラムに参加し、世界のNVCリーダーとプロジェクトを企画中。現在、東京で都会型パーマカルチャーと共感的なコミュニティ構築を教えている。「東京アーバンパーマカルチャー(TUP)」を主催する他、非暴力の文化と自然との共存をパッションを東京で広めている。夢は平和と愛を土台とした文化をみんなと育むこと